育成光線とは
育成光線」とは約10万種類の太陽光線のうち遠赤外線
で6ミクロン〜14ミクロンの波長が「育成光線」のことです
育成光線のエネルギー

人間は太陽光線がないと生きて行く事が出来ません。太陽光線の中で「育成光線」は動植物の成長は勿論、人間の成長や健康に必要な光線です。
育成光線」を吸収することにより、共鳴吸収現象が起き、その結果分子のクラスターを小さくし又、熱エネルギーに変わり暖かくなるといわれています。
GCC鉱物のエネルギーは育成光線です。
放射強度を下記のグラフで表しています。

   
測定 環境イオン計測センター 調べ 

測定 環境イオン計測センター 調べ 

      

「GCC鉱物」は育成光線の放射強度を
持っている証明です

マイナスイオン
マイナスイオン発生器等で、発生するマイナスイオンの数を(数万個/CC)などと
大量に発生することをうたっていますが。それは吹出し口の測定した場合が多いのです。
一般的にマイナスイオンの数は発生地点からの距離が2倍になると
約4分の1にまで減少すると言われています。
マイナスイオンのエネルギー
天然鉱石(負電子多発生鉱物)測定グラフ
天然鉱石(負電子多発生体)はマイナスイオンの適度な発生を持っている証明です

天然鉱石(育成光線再放射鉱物)と天然鉱石(負電子多発生鉱物)をバランスよく配合して、IKUSEIKOUSEN POWER GCC☆COSMO製品の素材に使われています